とーく!!   2回目

 夕飯の少し前、珍しく外出していた愁哉はウキウキした表情で帰宅した。

そして、リビングに居た姉貴を横目に自室へと向かった。

 しばらくすると、愁哉は自室から勢いよく飛び出るとリビングへと急いでいた。

「姉貴ー!!!!!」

「ん? なに? うるさいなぁー」

「俺の部屋に置いてあったアレが無いんだけど」

「アレ? 何の事?」

「アレはアレだよ、知ってんだろ」

「知らないよー、てかアレじゃわかんないし」

「……だよ」

「え? 聞こえないんだけど」

「……の写真集だよ」

「あー、愁哉が何度も何度も大事に見てるひか……」

「あっ、あー! 言わなくていいし! やっぱ知ってんじゃんか」

「うるさいなぁー、大声出さなくても誰も聞いてないっての」

「俺の心の問題だから」

「相変わらず、小さいなぁー」

「ほっとけよ! それより、何処やったんだよ!」

「だから、知らないって言ってるでしょ」

「いや、姉貴以外に考えられねーし」

「ひっどいなー、いくら私でも嘘は言わないって」

「信じられないっつーの」

「あぁ、そういえば愁哉が出かけてた時に父さんが愁哉の部屋から出てきたような」

「???」

「ま、気の所為かもだけどね。信じるかどうかは愁哉にまかせるわ」

「いや、いやいや。嘘だよな、姉貴の事だし何時ものからかってるだけだよな」

「あ、父さん。丁度良かった」

「!」

 その場にふと現れた父親と愁哉の目が合った。

愁哉は、何故か気まずそうな表情を浮かべた父親を見て悟った。

「姉貴の言ってること本当だったのか……」

 これから夕飯だというのに、愁哉は今にも泣きそうな顔で自室へと駆け込んだ。

「だから、言ったのにー」

 璃音は、ポツリと呟き夕飯の席へと着いた。

とーく!!   1回目

 夕方のリビングルームに二人は居た。

「愁哉ー、現実って何だろうね?」

「はっ?! いきなり何言ってんの」

「だって、つまんないんだもん」

「なんだ、いつものか」

「ん? 何? いつものって」

「暇つぶしにテキトーな発言するやつ」

「適当じゃないよー、前から思ってたもん」

「じゃあ、病気だな。病院行って来い」

「うわ、ひどっ! 何も考えずに投げだした」

「それ、付き合うだけ無駄だろ?」

「愁哉の方が適当じゃん」

「はいはい」

「そーいうこと言うんだ。 じゃ、コレは父さんに渡しとこうかな」

「?」

 璃音の手に握られていたのは一枚の写真。

「な、なんで姉貴がソレ持ってんだよっ」

「なんでだろうねー」

「いや、それはマズい。返せよ」

「愁哉は言葉遣いがなってないなぁー。と言う事で、コレは渡しとくね」

「ちょ、ちょ、待って下さい」

「もう遅いよー、決めちゃったもん」

 璃音は悪戯に微笑みながら写真を手に自室へと戻っていった。

「まじ、勘弁してくれよ……」

 その夜、父親に呼び出された愁哉は憐みの言葉をかけられたという。

とーく!!   0回目

これは、璃音(リオ)と愁哉(シュウヤ)二人の日常物語。

これは、姉(25歳)と弟(20歳)二人の平凡物語。

何気ない会話が繰り返される物語。

 

「愁哉ー、起きてるー? もう7時だし、起きてるよね」

「姉貴……問答無用で部屋に入ってくんなよ」

「なんで? なんか、やましい事でもしてんの?」

「は?! いや、常識的に考えろよな」

「とか言って、なんかあるんでしょ」

「いや、ないから」

「姉に嘘をつくなんて数万年早いわっ! 手元に隠してるもの、なーんだ」

 璃音は愁哉が隠していた物に手を伸ばした。

「ちょ、やめろよ」

「どれどれー。なーんだ、年頃の男がお世話になる本じゃないのかぁ。つまんないの」

 璃音が手にしたのは仕事の求人誌だった。

「そんなもん、持ってないっつーの」

「え? それはそれでどうかと思うけど」

「姉貴にだけは言われたくない」

「ん? それ、どーいう意味」

「いい歳して白馬の王子様を未だに夢見てる様なって意味だけど」

「愁哉ぁー、結構多めな女性たちを今敵に回したね」

「俺の周りでは姉貴ぐらいしか知らないけど」

「それは、愁哉の交友関係が狭すぎなだけでしょーが」

「そ、そんなことねーし」

「あ、それはどうでもいいんだけど」

「どうでもいいのかよ……無駄に傷ついたっつーの」

「あれ、忘れちゃった」

「は? 何しに来たんだよ!」

「ま、いいや。思い出したらまた来るわー」

 愁哉は璃音が去った後、ひっそりとスマホの電話帳を開く。

登録件数6件・・・・・・・・・・

「姉貴、なんで分かったんだ……」

プレミアムなフライデー??

先月は報道が結構流れてましたが、今回はあまり無かったですね(笑)

自分には関係のない事ですけど!

でも、時間に余裕ができるのは有り難い事ですね(*^-^*)

読みたい小説が積まれている現状を打破したい!

 

そして、昨日こちらに書いたので明日から小話を載せようと思います!

まだ設定も考えていないので、行き当たりばったりな感じかと思います。

なるようになる・・・といいなぁ~。

 

4月から~

4月から此処を使って文章書いていこうと思います(笑)

と言っても会話文メインの小話を予定(;´・ω・)

一週間に一回は書くぞ?!

 

 

最近の出来事!

本屋さんで漫画の4巻を購入してパラパラと中を捲った瞬間の衝撃・・・

あ、3巻買ってない(´゚д゚`)

最近増えてきたのです。

間を飛ばして買っちゃう事ってないですか?

普通はないのかなー。

だって、本一杯買ってるんだもの・・・( 言い訳(^▽^;)

 

 

戻ってきました(^▽^;)

こんにちはー!

かなりバタバタしまして、全く書きにこれませんでした( ;∀;)

今月はコミティアに参加する予定です!

久々なので無料コピー本を持っていきます。

時が過ぎるのが早すぎでやるべきことの消化が追い付かないです・・・

もっと時間に余裕が欲しいなぁ!!

コミケ・・・(^▽^;)

 

こんにちは~!

 

実は、ブログ名でサークル活動してます(笑)

残念ながらコミケ落選でした(´-ω-`)

今年はコミティアに連続で参加してたので

間が開いて良かったのかな?!

まぁ、ただ参加してるだけっていう状況なんですけどね( ;∀;)

も少し、色々と練習して頑張りたいなぁと思います!!